お役立ち!高速バス厳選6サイト

トップ > 高速バスの豆知識 > 高速バスを利用する際には水などの飲み物を持参

高速バスを利用する際には水などの飲み物を持参

公共の交通機関として普段乗る短距離でのバスであれば、特に意識をすることなく目的地までの交通手段の一つとして利用をしますが、高速バスは乗車時間も長いです。
そのためバスに乗り込む前に持参をしたいのが飲み物であり、長距離バスは寝て過ごすことも多いですが、バスの中は乾燥をします。
ぐっすりと眠ることが出来たとしても、目が覚めた時には大抵のどがカラカラなので、ミネラルウォーターやお茶などを持参することです。
甘いジュースでもよいですが、余計に喉が渇くことがあるので、シンプルな水分の方が向いています。
乗車時に飲み物を持参し忘れたとしても、サービスエリアでも購入ができますし、バスターミナル付近の自動販売機などでも購入をすることが出来るので、どこかで飲み物は調達をしておくことです。


旅行をするにしても遠くへ移動する際には交通機関を利用する料金の発生がありますが、飛行機や電車の利用は意外と値段が高くなりがちです。
そこでお出かけをする際に利用をしたいのが高速バスであり、他の乗り物と比べると料金はぐっと安くなります。
さらにバス会社ごと知恵を振り絞って乗客を集めていますので、早めの予約でバス料金が割引になったり、平日だとお得な割引適用の切符が使えたり、学生だったら学生割引があるなどさらにお得な利用が可能です。
遠出をする予定があったり旅行の計画があって、すでにかなり前からスケジュールを立てているなら、早めのバス予約で安い交通費用での度をすることが出来ます。
電車や飛行機とは違い渋滞にはまって少し時間には遅れることがあったとしても、乗車料金の安さは断トツですし魅力です。


冬になればスノボーやスキーのために雪の多いエリアに行く人は多いですし、観光旅行のために遠出をしたり、ビジネスでの出張などでの高速バスは大活躍をする乗り物です。
特に気温が下がる冬場にはバス内も暖房はきかせてはいるものの、人によっては寒さを感じることもあります。
そんな長距離バス乗車時の寒さ対策として、ひざ掛けやブランケットがあるとだいぶ温かいです。
素材的にはダウン素材が適しており、カバンに入れても軽いですし邪魔になることもありません。
足元はブランケットでカバーをして、トップスに関してはカジュアルな服装が大丈夫なお出かけなら、フード付きのパーカーが大活躍です。
フード付きのパーカーというのがポイントであり、頭や顔が寒くてもフードで寒さから守ります。
口元に関してはマスクをすると、さらに寒さ対策になるのでマスクもあると便利です。

次の記事へ