お役立ち!高速バス厳選6サイト

トップ > 高速バスの豆知識 > 高速バスは4列シートでも違いがある

高速バスは4列シートでも違いがある

交通手段を利用するとき、鉄道では満員の時には必ずしも座れるわけではありません。
路線バスなどでも満員だとつり革につかまって乗らないといけないときがあります。
飛行機や高速バスとなると立ってでの利用はできません。
鉄道だと指定席なら座っての利用になります。
座って利用するのであればそれぞれの座席でどんな違いがあるか知っておいた方がよさそうです。
飛行機ならエコノミークラスとビジネスクラス、ファーストクラスでかなり座席の様子が異なります。
航空会社でも異なり、エコノミークラスの中には少しグレードが高めになっているものもあるようです。
鉄道になるとあまり差はなく、指定席とグリーン席の違いぐらいです。
観光鉄道になると他の鉄道よりも座席の雰囲気が大きく変わったタイプの利用ができる時があります。


高速バスは座席に座らないと利用できません。
一般道路のみなら立って出の利用もできるのかもしれませんが、高速バスは高速道路を走るのを前提にしています。
そのためつり革などが最初から付けられていません。
どのバスを選んでも座れるのでどのタイプのバスを選んでもあまり変わりないと感じるかもしれません。
よくあるタイプとして4列タイプがあります。
真ん中に通路があり、左右それぞれ2列ずつの座席があるタイプです。
学生時代に遠足や修学旅行で観光バスに乗ったことがあるでしょうが、同じようなタイプと言えるでしょう。
学生時代に乗ったバスといえば通路部分にも座れる機能が付いているバスがありました。
補助席と言われる席で、左右の一方に収納されている座席を広げると座ることができます。
座り心地はあまりよくありません。


高速バスにおいても補助席が付いているタイプが運行されています。
補助席がある分どうしても左右の2つずつの座席も狭めになります。
多くの人が座れるため多くの人を一度に運ぶことができます。
一人当たりの料金が安くなり、サービスデーなどではワンコインで長距離の移動ができたりもします。
ただ長時間乗っているとかなり辛く、現地での活動にそれなりに影響します。
4列タイプのバスには通路部分に補助いすがないタイプがあります。
通路はかなり狭いので通路を歩くのに体を横にしないといけない人もいるでしょう。
通路が狭い分左右の座席が広めにとられています。
かなりゆったり座れるタイプもあり、長時間乗っていてもそれほど疲れません。
4列の中でもゆったり4列、ワイド4列などとして座席の販売がされています。

次の記事へ