お役立ち!高速バス厳選6サイト

トップ > 高速バスの豆知識 > 高速バスのメリットとデメリットとは

高速バスのメリットとデメリットとは

長距離の移動をする場合は、鉄道や飛行機といった交通手段をまずイメージしますが、実は高速バスも長距離移動の手段として人気があります。
その理由は何と言っても、料金の安さであり、他の交通手段と比べると圧倒的に安く利用出来ることが最大のメリットとなっています。
例えば、新幹線で1万円以上かかる距離を移動する場合でも、高速バスであれば数千円程度という格安の料金で利用することが出来るのです。
それに高速バスでは、事前予約での割引や学生割引などもあるため、もともと安い料金をさらに安くすることも出来ます。
そのため高速バスは、お金があまりないという場合や、出来るだけ節約したいという場合に便利な交通手段だと言えるでしょう。
あるいは、安く浮いたお金で買い物やグルメを楽しむといった利用の仕方も可能だと言えます。


高速バスには、料金が安いということ以外にもメリットがあります。
まず挙げられるのは、座席の種類が豊富なことであり、グレードの高いものから低いものまで揃っているため、自分に合った座席を選ぶことが出来るということです。
安さを求めるなら横4列のタイプがありますし、リラックスしたい場合は、独立3列のタイプなどを選ぶとよいでしょう。
次に挙げられるのは路線が豊富なため、より目的地に近い場所で下車することが出来るということです。
なので、大きな駅から再びバスに乗り換えるといった手間がかからずに済むと言えるでしょう。
さらに高速バスは、夜行バスの場合であれば、移動しながら眠ることが出来るため、時間の節約になるというメリットもあります。
それに夜行バスは朝に到着するので、現地で過ごす時間をより多く確保することも可能です。


高速バスにはさまざまなメリットがありますが、注意しておきたいデメリットもあります。
まず挙げられるのは、移動が長時間になるため疲れやすくなる場合があるということです。
ですので自分の体調を考慮して利用することも重要になってくるでしょう。
それに夜行バスの場合は、普段と違う環境になるため、上手く睡眠がとれないこともあるので、安眠グッズを用意するなどの工夫も必要です。
そしてバスの中では、エアコンが効きすぎたりすることもあるため、特に夏場などは上着を持ち込んで体温調節をすることも大切だと言えます。
その他のデメリットとしては、早朝に到着した場合の過ごし方に困ってしまう場合があるということが挙げられます。
特に地方の場合は、早朝だと開いているお店が少ないため、その場合にどう過ごすかということをあらかじめ考えておくことも必要でしょう。

次の記事へ