お役立ち!高速バス厳選6サイト

高速バスは安さを求めるか快適さを求めるか

遠距離移動の手段として飛行機や鉄道があります。移動時間は短くなりますが、それなりに運賃がかかるので私用などで利用するときはできるだけ安く行きたいと考える人もいるでしょう。安く移動するのであれば高速バスがあり、多くの都市間を結ぶバスが運行されています。

かつての高速バスは、鉄道や飛行機よりも安く利用できるがあまり快適さは求めることができませんでした。現在は快適性を重視したバスが運行している路線もあり、安くて快適なバスが選べるようになっています。しかし簡単に比較して利用することができません。

こちらのサイトを利用すれば、出発地や目的地などを選択して簡単に利用したいバスを見つけることができます。その区間を運行している多くの種類から比較ができるので、できるだけ安いバスの利用も可能ですし、快適なバスを選ぶこともできます。

VIP LINER

公式サイトはコチラ

VIP LINERは高速バスの予約するためのサイトです。このサイトを運営している株式会社平成エンタープライズは1992年12月11日に設立され、このサイトの運営だけでなく、貸切観光バスや送迎バスや乗合バスや福祉リフトバスの運行、旅行業や自動車整備業、フィットネスクラブ事業や通所介護事業や宿泊業など様々な商売をしています。

そのために一般貸し切りとしてNo.関自旅1第1871号、旅行業としてNo.埼玉第2-839号を、一般乗合としてNo.関自旅1第774号の許可を取得しています。この予約サイトは単に各地を発着するバスを予約するだけではなくて、そのバスの詳細をこだわり検索することができます。

こだわり検索ではバスの座席の列数や座席そのものの詳細、トイレがあるかないか、女性専用車があるかなどのこだわりを検索できます。また予約した場合は各地のターミナルに設置されているVIPラウンジで至福の時間を過ごすことも可能です。なお予約を電話で行う場合は平日は10時から17時で、土休日は13時から17時となっています。

総合評価 サービス度
★★★★★ ★★★★★
利用満足度 情報充実度
★★★★★ ★★★★
使いやすさ
★★★★

WILLER TRAVEL

公式サイトはコチラ

WILLER TRAVELは高速バスを格安で予約することが出来ます。それからパソコンサイトでの予約はもちろんの事、予約の確認や、空き状況、変更などもオンラインで簡単に行うことが出来て忙しい方に便利です。

それからWILLER TRAVELなら、取り扱っている路線も豊富にあります。日本全国120路線以上を取り扱っているだけでなく、毎日880便以上、年間で240万人の利用者実績があり、とても信頼して利用することが出来ます。

それからWILLER TRAVELなら、乗り心地に徹底的にこだわったシートがある他、上質の眠りの環境を提供してくれるリボーンなどで深夜の利用でも満足することが出来ます。

総合評価 サービス度
★★★★ ★★★★★
利用満足度 情報充実度
★★★★★ ★★★★
使いやすさ
★★★★

バスリザーブ

公式サイトはコチラ

交通費を出来るだけ抑えたいという場合には、高速バスを利用するとよいでしょう。料金の比較もバスリザーブであれば簡単に行なうことが出来るようになっています。また予約、キャンセル、確認もオンラインで行なうことが出来るので便利です。

エリアから高速バスを選択することが出来るので、利用をするエリアでチェックをすることが出来るようになっています。夜行バスも予約をすることができるようになっているので、利用をしたことがない人でも気軽に予約を行うことができます。

決済方法も色々選ぶことができます。クレジットカードに限定されることもなく、コンビニでの振り込みを行なうことが出来るので、クレジットカードを持っていなくても購入をすることができます。

高速バスなら気軽にお出かけ!格安予約なら【バスリザーブ】

総合評価 サービス度
★★★★ ★★★
利用満足度 情報充実度
★★★ ★★★
使いやすさ
★★★

ヨヤクトル

公式サイトはコチラ

ヨヤクトルは高速バスを検索することが出来るサービスです。最安プランを一括で検索出来て、費用を抑えたいときに役に立ちます。日付と発着地を指定するだけなので、とても簡単で早く最安を検索することが出来ます。

ヨヤクトルは昼と夜の両方の高速バスを検索出来ます。往復でも検索出来ますから、ヨヤクトルだけで網羅出来ます。割引なども使えますから、高速バスを利用するときにはかなり便利です。会員登録をするとさらに便利になります。

ヨヤクトルでは青森から鹿児島まで幅広い地域のバスを検索することが出来ます。支払いにクレジットカードが使えたり、銀行振り込みも利用出来ます。安全な取引が出来ます。

総合評価 サービス度
★★★ ★★★★★
利用満足度 情報充実度
★★★★★ ★★★★★
使いやすさ
★★★

リンクオブマインド株式会社

公式サイトはコチラ

旅行をするときに高速バスを使用する人が急増していますが、リンクオブマインド株式会社では、4列シートなど座席の種類が豊富なので、旅のスタイルに合わせて、旅行をするようにしましょう。トイレが付いているものもあります。

バスのタイプによって、自分に合ったプランを検索することができるので、便利です。また、設備やサービスも充実していて、女性でも安心して使用できるものもあります。価格もリーズナブルで何回でも利用したくなります。

3列シートは余裕があって、長時間の移動でも苦労することはありません。座席はプライバシーを重視していて、車種によっては、カーテンが付いているものもあるので、個室感覚を味わうことができます。

夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

総合評価 サービス度
★★★★ ★★★★
利用満足度 情報充実度
★★★★★ ★★★★
使いやすさ
★★★★★

アミー号

公式サイトはコチラ

高速バスのアミー号は、関東から名古屋行きや関西方面に往復する夜行バス路線が用意されています。名古屋から新潟へ往復する夜行バス路線も併設しています。サイト上にバス予約を受け付けている専用の電話番号が記載され、平日10時から18時、土日祝は13時から18時で乗車予約を受け付けています。

夜行の高速バスの乗車予約とイベントやテーマーパークの入場券などとセットになったプランが用意されていますう。東京ディズニーリゾートのチケットやUSJのチケットもバスの乗車予約と同時に注文できるプランなので、夜行バスで現地へ到着した後で改めてチケットを準備する手間を省くことができます。また、京都での着物レンタルの予約を同時に行うプランも設定されています。

夜行バスの往復乗車予約と友に提携しているホテルの宿泊とセットになったプランが完備されています。バスの往復予約と別に宿泊予約をするよりは、バスの予約と一緒に宿泊の手配ができれば旅行の準備が簡略化できます。

アミー号

総合評価 サービス度
★★★ ★★★★★
利用満足度 情報充実度
★★★★ ★★★★★
使いやすさ
★★★★★

高速バスを利用する主なメリット

お手軽なコストによって長距離を移動できる移動方法として、大勢の人から知られているのが、主要な都市と都市を走っている高速バスになります。あらためていうまでもなく、別の公共交通機関を活用するよりも、交通費を非常に低く圧縮できる場合が大半で、賢明に旅行を楽しむための頼もしいパートナーとなってくれます。ですから、多くの方が有効に利用しています。夜間遅い時間に出かけて、次の日の朝に目的地に到着する夜行の高速バスもありまして、ウィークエンドを用いた旅に最適です。同一の区間を頻繁に使う場合には、リーズナブルな回数券を買い入れると、なお一層交通費を節約できます。目的地の町の中心に行き着くケースが多いため、到着後の活動が行ないやすいことも高速バスのアピールポイントです。

長時間の移動時間を過ごしやすいように、高速バスのシート、あるいは設備には、多種多様な創意工夫が凝らされています。一般的なシートはもちろん、スペースがおっとりしているシートであるとか、プライバシーを大事に考えた独立スタイルのシートも親しまれています。女性限定シートを設けている夜行の高速バスも増加しており、女性の方のひとり旅、あるいは女性の方だけのグループ旅行でも不安や心配はいりません。高速バスの路線や時刻表の検索、あるいは乗車券の予約や購入は、インターネットを経由して容易に実行出来ます。高速バスの費用とホテルの宿泊に掛かる費用がセットになったリーズナブルなプランもあり、セットで予約が可能なため非常に利便性が高いといえます。ディスカウントのキャンペーンが開かれている場合もありますので、高速バス会社のホームページや比較サイトなどをまめに確かめることも倹約の秘訣です。

休みの日の前日になると、とても大きな駅そばにあるバスターミナルにおいて、やって来るバスを待っている方が集合している光景が見れます。とりわけ大型連休前等は、ニーズが高く、高速バスが夜に運行することで、夜間にスタートしてその夜はバス内で明かし、朝早くは目的地に到着するというようなスケージュールで使用することができます。夜、とりわけ深夜にスタートを切る便が多いため、仕事が終了してから借りることができるため、仕事を休まずに時間を効果的に利用することができるというメリットがあります。それに加えて、遠出するシーンで入用になる宿泊先の確保をすることが不要で、車内で眠りに就くことで、宿泊先代わりに使用できます。これによって、睡眠時間を移動時間に充当することができるのみならず、宿泊に掛かる費用も消費する必要がなくなります。